読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakak's Photo Blog

写真の楽しさに気づけなかったら、たぶんブログはやめていた。

光と影、そして色

私は動くものを被写体として選ぶことをあまりしない。 「動き」よりも「色」が先に脳内に展開されるからかな。 写真を撮る時に、私が見ているのは「光と影、そして色」。 それが私の興味対象であり、私の写真の個性となっているはず。 (秋葉原、α7+Sonnar …

雨の商店街

今までだったら、外がどしゃぶりだとわかっているのにカメラを持ち出すことってほとんどなかったな。 日も暮れて、どしゃぶりで、そんな時、どんな写真が撮れるのか試したかった。 来て良かった。 (せと銀座通り商店街/愛知県瀬戸市、α7+Sonnar T* FE 55m…

より素早く

その瞬間は、待ってはくれない。今、シャッターを押さなければ、その瞬間は消えてなくなる。 そんな時に、カメラをバッグから出すことは間に合わなくても、ポケットに入っているiPhoneでシャッターを切ることはできる。 iPhoneやコンデジのアドバンテージっ…

「傘」というアイテムは街の景色を彩るパーツの一つだなと思えたのは、写真を撮り始めてからだった。 雨の日もあきらめない。 (真清田神社/愛知県一宮市、D7000+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)

言い訳

写真を撮りすすめていくにつれ、「今日は天気が悪かったからな」とか「今日は良い被写体と出会えなかったな」とか、そういう言い訳をしなくなった。 (iPhone 5s)

無駄なものは無し

雨の日には、雨の日にしか撮れない写真がある。無駄なものなど、何一つ無い。 (栄/名古屋市中区、NEX-5N+E18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855)

命が宿る

人が写り込んだ写真は、写真を眺めている時間が長くなる。その写真の中で、歩いている人、働いている人、おしゃべりしている人。。。。。その写真の中で、まるで人が生きているようだ。写真の中に人をいれた時から、その写真に命が宿る。 (箱根湯本駅/小田…

雨は嫌いじゃないんだ

ひとことを書く。