読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakak's Photo Blog

写真の楽しさに気づけなかったら、たぶんブログはやめていた。

ふるさと

旅行からの帰り。地元名古屋の空港に降り立った時に、見た空だ。 北海道旅行の帰りは、いつもそうだ。地元にもどってきた安堵感よりも、どこか寂しく、切ない感じがする。夢から現実に引き戻されてしまったような。 私は小・中学のうち、3年間を北海道(千…

特別なこと

男として教えられることなど何もない。 何一つ、計算どおりうまくいったことなどなかったから。 そばに誰かがいてくれることを、”あたりまえ”ではなく”特別なこと”だと思えたら、それでいい。 (α7+Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z)

素直になる

写真を撮り始めた最初の頃は、写真を撮ること自体を楽しむというよりも、撮った写真がどうだったのかが全て、みたいな、そんな感覚だった。 今はだいぶ変わってきたなあ。 写真を撮ること、シャッターを押している瞬間とかが気持ちいいから。 うまく撮れなか…

自分

自分撮りをした写真というのは、自分を見せたいからやっているのだと思っていた。 やってみたら、自分撮りとは「写真という世界観の中に、自らの手で自分をキャスティングできる唯一の方法」だということに気がついた。 写真が面白くなってきた。 (NEX-5N+E…

大人

子供の頃、オヤジの姿を眺めて漠然と考えていた「大人のイメージ」は、「晩酌する、演歌聴く、ゴルフする」だった。 当時の俺が見つめていたオヤジの年に、俺はたどり着いた。晩酌も演歌もゴルフも俺はやらない。 「大人になること」と「オヤジみたいになる…

今度はゆっくり好きになる

若い頃は、欲しいものを手に入れる時、常に全力だった。急いだ。そうすることが自分にとって良い結果を生むと思っていた。何度も失敗することになるのに、同じことを繰り返した。 今度はゆっくり好きになる。大切なものほど、急がない。急いじゃだめだ。ゆっ…

今度はひとりでいい

若い頃、彼女を連れて海にドライブに行くことが時々あった。気に入った場所がいくつかあった。きっと俺は「海が好きだ」とか言ってたんだろうな。今思えば、俺が好きだったのは、海ではなくて「海に彼女を連れてきた自分」だったんだろうな。 あれからずいぶ…